本文へジャンプ




 









 


                                           
                                            

<フィールド><フィールド><フィールド><フィールド><フィールド><フィールド>

大学時代   衝撃を 受けた、  




ある、アクシデントが  ありました。





プライベート レッスン が   うまくゆかない〜とのことで 




心 を 折 らした  




後輩の ピアノ 演奏学科生が、





悩んだ 末に




自らの 命を




絶 っ て  し ま い ま し た 。

     このようなこと、 が ・・・・ ・・  


     二度と起こってほしくない、



     という ただならぬ祈りの中で、



     くり返し 同級生同士で 話し合いました・・・




     例えば


     音楽とのギャップ



     何が 


     きっかけで まわりの景色が見えなくなってしまうのか


     気持ちが続かなくなってしまうのか





     意図した結果ではなく 


     たまたま陥ってしまった、



     その 何か? というものは



     どれほど


     見透しの利いたものだったのだろうか



     さらに 問題,定義を膨らませて 幾日も話し合いました・・・





     質問で その人が 分かるだろうか



     もし 誤解に基づいた場合、



     何に コントロールされてしまうるのだろう?




        人が 質問をする時は 

        自分の意見を持っているか


        少なくとも 何故知らないかを 

        知っているものであると 

        {F.S.Perls.}は洞察している






        マニュアルを前提に・・・


        し過ぎてしまうと、


     〜実情 に対して


        (個々との)誤差がたまってゆくのは 


        やむおえない場合がある

 




        見えないもの・・・ 


        (例えば 可能性を探るといった、多様化した考察) と


        相対しながら 



        根拠ない自信を持つことや、

 


        形のないものに


        意味を見つけることは、



        とても難しいことだけれども

 




        答えを探したり


        理由を引き起こしてゆく


        音楽の段階において



 
 ・・・
 キャパシテイ を 広げてゆくこと ・・・ が 




      一つのコミュニケーションたるものであるならば、 




        どんなケースにせよ


        どのような段階であっても





       〓 共存しうる 〓 のではないかと





            あ る 種 の


            希 望 に


          た ど り つ き た い
























































































































平凡社世界大百科事典( 細井 雄介)から要約

  本来ギリシア語で,祭儀,医術,音楽,哲学など諸分野に広く認められる〈純化〉を意味した語。

 アリストテレスが《詩学》第 6 章で悲劇を定義し,

 悲劇の機能は観客に憐憫 (れんびん) と恐怖とを引き起こして

 この種の感情のカタルシスを達成することにある、と明記して以来,

 この概念は悲劇論ばかりか芸術全般の考察における重要な概念となった。

 もっともアリストテレスの用語の意味については,

 古来さまざまな解釈があり,果てしない論争が続いてきた。

 悲劇の倫理的効果としての感情の〈浄化〉とする説があり,

 また素材の事件を変形する創作上の〈純化〉とする少数意見さえも立てられたが,

 今日では,感情の〈発散〉という生理的機能を重視する見解が有力である。

 すなわち悲劇やある種の音楽が激しい感情を誘発するとき,

 鬱積していたそれらの激情は放出されることになり,

 心をその重圧から解放して軽快にするが,この作用をカタルシスとみなすのである。

 演劇史上ではコルネイユ,レッシング,ゲーテがこの概念にそれぞれ独自の解釈を加えた。





http://bymn.pro.tok2.com/bungaku/arist.html

Mints ミント ハッカの仲間シソ科



ギリシャ神話では、ミンテというのは、

黄泉の国の神に愛されたニンフの名。


妻である女神にひどい仕打ちを

受けないですむようにと、


黄泉の神は、ニンフを

このハーブに変えてしまった。



以来ミントは、貴い植物とされてきた。

k a t h a r s i s  

なぜ、 止 め ら れ な い  ・・・

美徳  効能  温情

ミントの 仲間は 



 種間で 交雑しやすく



変異が 多いので



 花がついた 茎は切り、



 大きな鉢か プランタで



一種類づつ 個別に



植 え て



栽 培 す る









 












































花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情






























   

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

花言葉は・・・ 美徳 効能 温情

k a t h a r s i s

k a t h a r s i s

k a t h a r s i s

















































学 名:Mentha suaveolens "Variegata" 

原産地:北半球温帯地域、アフリカ
別 名:フイリアップルミント


http://kakurenbo.air-nifty.com/mituketa/2007/07/post_bdd6.html

k a t h a r s i s











































学 名:Mentha suaveolens
原産地:地中海沿岸〜ヨーロッパ
別 名:マルバハッカ(丸葉薄荷)
ラウンド・リーブド・ミント