本文へジャンプ






     










More Than Me

 More Than You                                               
                                                                                              



    THEMA  ビリヤード と 音楽 

                               ゲストコメンターY.N.様.

                                桐朋女子高校音楽科,桐朋学園大学音楽部ヴァイオリン演奏学科卒業.
                                Ensemble Voicesメンバー.
                                登山、卓球、スノボー、ビリヤード などこなし、
                                数々のトーナメントに出場するスポーツ選手でもある。



                                                     




       

       共通して必要なことは何ですか?




        

         力加減を繊細に分かっていないとできないので、共通して必要なことは、感覚をつかむためのトレーニング、反復練習。





           

           対象の違いは何だと思いますか?




         

         スポーツの試合は、点数,勝ち負け,が明白。

         戦い抜く中で、価値をみいだす。 例え、良いプレー,自分のプレー,ができたとしても、

         勝負自体に負けてしまうと、結果につながらないので、

         飽くまでも 目的は 勝つこと、が前提にあって成立する。

         つまり、 「 人 が 対象 」になってくる。

         音楽では、「 人の評価 」が入る。

         何を、なぜ、 人に聴いてもらうのか? とか・・・





            

            上手にプレッシャーをかける方法〜ありますか?




         

         「自分のゲーム展開」に取り組むこと。





        

        心がけるだけで、運び方は変わってきますか?



          

          勝負時、「勝ちたい」欲が悪く作用してしまうと、どうしよう!といったパニック症状が先におこり、

          分析ができなくなる。 

          楽器演奏においても、集中力の保ち方、時間配分などといった、組み立て方はとても困難な作業。

          気を抜かずに、精神を休めること。 モチベーションを上げつつ、開放すること。

          冷静な判断は、メンタルケア 〓 メデイカルケア 共に 経験を積むことから作られてくるのかも・・・。







                   

        結果が齎す意味は何だと感じますか? 結果以上に求めるものはありますか?




          

          最終的に・・・

          「自分自身が納得できるか」 というところにゆきつくのだと思う。

          勝敗の分かれ目では 点数が証明する。

          ・・・ 勝っても負けても またプレーに挑みたいという気持ち。 

          音楽では どんなふうに 何と 評価されたとしても、 

          ・・・ また 弾きたいという ゆるがない気持ち。





         

         最後に 一言メッセージをお願いいたします 




          

          身体、キュー、球、クッション状態、テーブルコンデイションの把握、

          全てが 一体化した瞬間、難しさが 楽しみに変わります。

          皆様も 是非 ビリヤードお試しあれ〜   





         

        インタビューに御協力頂きどうもありがとうございました。 次回のトーナメントには、観戦に伺います!















































G U E S T  R O O M